FTPソフト

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2012.11.06 (Tue)

チョビたん

我が家の、ワンニャン達は相変わらず元気です。。。。

と、報告したばかりで驚かれる方が多いかと思われますが
実は・・・我が家のチョビたんなのですが、本日 眼球摘出手術をいたしました。
本当は、もっと早くにお伝えすれば良かったのでしょうけど
私自身どう伝えようか悩んでしまったものですから・・
で、どうやって報告しようと悩んでも結果が出ず、
このような唐突な報告になってしまいました

結果は、手術も無事に済み現在は麻酔も覚め、落ち着いているそうです。

なぜ?チョビたんがこのようなことになってしまったのか
以前のブログには、チョビたんの保護時のことを書いてあったのですが
残念なことに、そのブログはもう無くなってしまったので
改めてここで少しだけ、お伝えさせてもらいますね

チョビたんは、2002年5月の23日に、先代犬との散歩の途中で
みい太を含むほかの3匹と一緒に、段ボール箱に入れられ、河川敷の土手に
捨てられていたのを発見して保護した子です。
bokutyobinn3.jpg

保護当時は、200gあるかないか、とにかくへその尾が取れたばかりの子猫
だったので、哺乳瓶でミルクを飲ませ育てた子です。
gohan.jpg


しかし、当時の我が家は、いくらペットがOKと言われてても
中型の雑種犬が2頭も部屋の中で生活していたので
その上猫までは、飼うなんて事はとても無理だったので
とにかく、離乳したら里子に出そうと決めて育てていました。
幸いなことに、口コミやら、知人の紹介やらで
拾った子、チョビンを含めて4頭すべてに、里親さんが見つかって
一度は、チョビたんも、みい太も里子に出て行ったんです。

tyobitann.jpg

そのときは、間違いなく、写真のように目もきれいだったのですよ

なのに、チョビたんの里親になった方は、あろうことか
犬のように、首に紐をつけて散歩するのが夢だったと
無理やり外で引っ張りまわしたり、そして、そのまま飲み屋に行き
外につないだまま、自分は、お酒を飲んでたり
そうかと思えば、夜にチョビたんが遊んでたりすると
「うるさい!」と、たたいたり、足を持って振り回したりと
なかば虐待しているような状態だという情報が入ってきていました
現に自分も、外につないでいる現場を目撃したりしていたので
注意はしていたのですが、あるとき、また、外につないでいた現場に遭遇したときの
チョビたんの目をみて、驚愕

それからはもう、無我夢中でチョビたんを取り返して・・・
それで、うちの子にチョビたんは、なりました。

チョビたんの里親は年配の、一人暮らしの男性だったのですがね
紹介してくださった方が、動物好きの優しい人だから
と、おっしゃっていたので、お願いしたのですが
お酒が入ると、人が変わってしまうところまでは、紹介者の方も
ご存じなかったとか

そんなこんなで、チョビたんの目は、取り返したときには
すでに眼球が、大きくなってしまっている状態だったのです。


すぐに病院に連れて行ったのですが、
外的圧力が加わったことも原因のひとつで、緑内障も併発しており眼圧上がってしまって
頑張って治療を続けてきていましたが、数年もすると眼圧が上がりきってしまった
右目は、視力を失ってしまっていました。
それでも、日常生活には何の支障も無いかのように、我が家で自由気ままに
生活をしてきています。
ただ、この写真をごらんいただければ、お解りかと思いますが
右目は、異常に大きく肥大しています。
そのため、いつ眼球に傷がついてしまっても、おかしくない状態だったのですが

2012_0613-003_20121106215409.jpg


あれから、10年。

それが、2週間くらい前に、ふとチョビたんの顔をみると
右目から涙をポロポロとこぼしながら、目をシバシバさせていたので
急いで病院に連れて行ったら、残念なことに眼球に傷が入ってしまっていて・・・
それで、チョビたんの目の傷は、これだけ目が肥大してしまっていると
角膜が再生して傷がふさがるのは不可能だといわれてしまいました。

傷がふさがらないということは、チョビたんの痛みも、解消されないということ
では、どうすればチョビたんの苦痛が解消されるのかと言えば
眼球を摘出するしかないと・・・・・・

いつかは、こんな日が来るとは思っていましたが
覚悟はしていたつもりですが、いざとなると、可愛そうでしかたありませんでした。

けど、いつまでも痛みを引きずるよりはね、いっそのことさっぱりと
取ってしまえば、あとはもうどんなに暴れたって、目に傷がつく心配もないので
今はもう、ただただ早く術後の傷が癒えますようにと、祈るばかりです。

明日は、チョビたん 退院してきます。

あの時、取り返して本当に良かった。
そして、一度里子に出していなければ・・・
チョビたんの目はきっとこんな風にはならなかったんだろうな~
と、悔やんだりもしますが

当のチョビたんは、普段はそんな過去のことなんか
知ったこたないわい!とばかりに、天真爛漫にすごしていてくれているのが
唯一の救いです。

このときは、まだ、痛む目が残っています。

今頃はもう、麻酔もすっかり覚めて痛みも減っているのかな~・・・・

早く明日になりますように

朝 一番でお迎えに行くから待っててね~!
tyobi2012-1104.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 4頭飼いへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村


23:14  |  ワンニャン日記  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |