FTPソフト

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017.03.08 (Wed)

リンゴの様子

リンゴが、膀胱移行上皮癌と診断されてから、1年10ヶ経ちました。
当初、診断された時には、膀胱を全部摘出したとしても
癌細胞は全部摘出することは難しいと言われ
いつ再発するかは分からないと言われていました。

そして、その再発は、1年と5か月後に現実のものに・・・

私は、再発は手術した膀胱付近に発症するものだとばかり
思ってしまっていましたし、大学病院でも検査と言えば
腹部のエコー検査と、血液検査のみで
あとは、リンゴの体調に合わせて、調合された薬の投与でした。

自宅でしていたことと言えば、食事の管理と
サプリメントの投与。
この時は、Dフラクションという物が、癌の再発防止には
有効と考えており、大学病院でも確かな症例はないけど
与えておいても良いと考えられるでしょう。と
反対することは無かったので、続けていました。

でも、実際は1年5か月で、別の場所に転移しての再発をしてしまったのです。

手術後の、抗がん剤の勧めはリンゴの場合ありませんでした。

この時の、先生の判断では、リンゴに抗がん剤は
合わないからと判断していたのでしょう。

実際私も、抗がん剤のリスクや効果の説明を聞いた時には
やはり使いたくないと、判断していました。

で、今回の転移。。。

あの時リンゴに抗がん剤を使っていたら

今回の転移は無かったのかな・・・・

なんか、最近 そんな事をついつい考えてしまっています。
2017-0308 (3)

転移、再発が分かってからのリンゴ
日に日に癌が進行しているのだろうと分かるほど変化しています。
食欲が落ち始めた頃から、痛みも増してきており
それに合わせるようにして、痛みを軽減させるために
薬を処方増加し、コントロールする日々。
それでもまだ、麻薬を使うまでには至っていないのが
せめてもの救いかも知れません。

ネットで癌が骨に転移した子の様子を検索していると
どの場合もやはり、痛みがかなり激しく
末路は、悲惨な状態で苦しんでしまうことを目にしてしまいます。

いずれリンゴもその様な末路を辿ってしまうのだろうか・・・・

そう考えてしまうと、これまでの治療でもっと沢山
良いと思われる治療をしてあげられれば
リンゴの再発は無かったのではないか

後悔してしまうことが、沢山あります。

2017-0308 (1)
ここ最近の様子でガクッと変わってしまったのが
後ろ足が床に着けなくなってしまった事です。
それに伴い、体力も落ちてきてしまったようで
立位を取っていることが辛くなってしまってきています。

なので、排便の際、便を最後まで出し切るまで
トイレに立っていられず、途中で戻ってきてしまい
便をお尻に残したまま伏せてしまっています。

2017-0308 (5)
食欲も、ますます落ちてしまい
大好きだった、ささみジャーキーにも目もくれません。

シリンジでの強制給餌も嫌がり、必死の抵抗をしています。
けど、強制給餌だけは、リンゴが生きていくためには
止めるわけには行きません。

すごく嫌がってるのに・・・・
なんて卑劣な飼い主なんだろう・・・
まるで、鬼だよな~・・・・

リンゴは今、癌の痛みに苦しまされている
それなのに、無理やり食事を口に入れられて
体力温存だと、頑張らされている

これって、リンゴの為になっているのでしょうか

なんか、色々考えてしまっています。





でも、リンゴにはまだまだずっと頑張ってほしい・・・・・









にほんブログ村 犬ブログ 犬 4頭飼いへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村


13:55  |  ワンニャン日記  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |