FTPソフト

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 4頭飼いへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2005.09.09 (Fri)

この子に幸あれ



いきなり悲惨な写真で驚かれる方も多かったでしょうが、あえてコメントの前に
写真を掲載させて頂きました。
この写真は、千葉ワンのスタッフである、maricoさんが、愛護センターに視察に行ってきた時のものです。
この子は、心無い人間によって酷い虐待にあって、こんなにも幼いのに
後ろ足両方を切断されてしまっていた上に、顔にもこんなにも凄い怪我を負わされて
そして、挙句の果てには、一旦保護した方もいらしたそうなのに、その方の手によって
警察に持ち込まれ、愛護センターに送られてしまったそうです。
そんな時に、maricoさんと出会うこととなりました。

この子は、こんなにも酷い目に、人間によって遭わされたと言うのに・・・
それでも、人間を信じ、明るく健気に頑張っております。
詳細は、maricoさんの

預かりっ子日記

に掲載されておりますので、是非一度いえ何度でも訪れて見て下さい。そして、一緒に未来ちゃんが本当の幸せに出会うまで、応援をお願いしたいと思います。
宜しくお願いいたします。 

未来ちゃんは、maricoさんの手によって救い出され、健気にも、早く本当の家族に出会うべく頑張っております。


maricoさんへ 写真を無断でお借りしました事 お許し下さい。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 4頭飼いへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村


00:25  |  ワンニャン日記  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

動物への虐待、許せないです。

未来ちゃんは、人間を信じてくれてるんだ。

幸せになってほしいね。何倍もね。
pomu |  2005.09.09(Fri) 18:13 |  URL |  【コメント編集】

悲しい事ですね
この子を捨てたのも この子を傷つけたのも みんな人間・・・・
犬が好きで飼ったのではなかったのですか?
犬が嫌いな人は最初から関わったりしないから捨てたりもしないでしょう
 
私のところにもこのような子をはじめ悲惨な状態の子が次から次へと持ち込まれました
35年の間に何頭だったろうか・・・

比較的障害の度合いの少ない子は生活に支障がなくなるまで回復してから貰って頂きました
手に負えなかったらいつでも里帰りOK。
泊りがけのお出かけは必ずお預かりをしました

保護すると腹を括った時 何があってもこの子の全てを・・一生を被る覚悟をしないと手を差しのべる事ができない・・・保護という事はそれほど責任のある行為です

『可哀想だから誰か飼ってくれる人を見つけてあげよう』
そんな安易な考えでは一つの命を守ることはできないのです

里子に行く事ができず我家に残った子達も14年~20年 障害を生涯の勲章として天寿を全うしてくれました

敢えて『飼う』という言葉を使いました

振り返ってください
お子さんを善悪が見極められる子にお育てになったでしょうか?

立ち止まってください
お子さんは寂しい思いを隠していませんか?

虐待を無くしていく為に自分を省みてみませんか?
葵ママ |  2005.09.09(Fri) 23:29 |  URL |  【コメント編集】

pomuさん>本当ですよね~・・・
未来ちゃんをはじめ、せめて運良くあのような所から救い出された子達には、救い出される事の出来なかった子達の分まで幸せになって!と、願わずにはいられませんよね。・・・
maasa |  2005.09.11(Sun) 02:11 |  URL |  【コメント編集】

葵ママさん>ボランティア活動をするという事は、それほどの犠牲を払って、腹を括ってしなければならない。そういう事なのですよね・・・・今現在も過去もあらゆる場面で、ボランティア活動をされてこられた方々のすべての人々が、その様な決意と熱意で励まれ来られてる事と思います。しかしそれが、どれほどの苦労を要している事か・・・そして、何故に?ボランティア活動をされる方がいらっしゃるのか?・・・それは、自分本位の考えで世の中を渡り歩く人々が後を絶たないから・・・・ホンの一握りにしか満たない善意の人々が、苦労をせざるを得ない。。。。動物を捨てるのも、虐待するのも、同じ人間。・・・・悲しいです・・・上手く自分の気持ちを表現できなくて歯痒いのですが、ボランティア活動をされている皆様には、本当に感謝と尊敬の念に絶えません。『それは、預かりのボランティアをされている方も同じですし。些細な活動でもボランティアさんのお手伝いをされていらっしゃる方々。また、個人で活動をされていらっしゃる方々すべての方々も、です。』だから・・・といって、ただ、感謝の念を述べるだけでは、何もなりませんので、今の自分に何ができるのか?・・・・この世の中から、少しでも不幸な子達がどうやったら少なくなってくれるのか?・・・非力ながらも、まず!自分の身近な所からこれまで、自分が知り得た事を伝えていきたいと思います。不幸な動物達を少しでも減らすには、無駄な繁殖を止め、避妊去勢手術をする。それが、この世の中から不幸な子を少しでも減らす事の出きる近道なのですよね。・・・・
maasa |  2005.09.11(Sun) 02:12 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |